ENDRIENの釣りブログ

神奈川、埼玉で釣りしています!ほとんど釣りの内容ですが、
自分の好きな事も不定期にゆる〜く更新していきます(^^)
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 短時間釣行 | main | 最近の出来事 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    自分に必要かどうかシリーズ【コルクグリップ補修】
    0
      先日ブログで書いた通りロッドのコルクグリップの補修をやってみました!


      汚れを落とす程度のメンテナンスはしていても、グリップを自分で補修するって事は今まで1度も経験がなく、去年あたりから自転車で釣りをするようになって釣行頻度が増えた為か、グリップの汚れ、コルクの溝や割れ目が酷く気になっていました。。。


      また、金銭的に余裕がなく新しいロッドが買えない事とコロナの影響で家にいてもやる事が限られている為、このタイミングでコルクグリップの補修にチャレンジしてみることにしました!


      調べたら補修方法は何個かあり、100均で売っている木工パテを使ったやり方もあったのですが、多少コストはかかってもコルクパテを使う1番ベーシック??なやつを選択しました。笑


      準備する物は雑巾、コルクパテ、サンドペーパー、マスキングテープ。





      コルクパテはネットで注文して、数日待って届いたのがこれ。





      早速ネットのメンテナンス方法を参考に補修開始〜


      先ずはロッドのコルクグリップの汚れを落とします。エポキシ用のうすめ液やアルコールティッシュを使用している例もありましたが、この時期に貴重なアルコールティッシュを使うわけにはいかず濡れ雑巾でふきふき。


      次にグリップのコルク以外の部分にマスキングテープを貼っていきます。





      続いてコルクパテを指で少量取り、穴や割れ目の酷い部分にパテをすり込むように薄く伸ばしていきます。


      パテを塗るとこんな感じ。





      このまま数時間置いて乾かします。ドライヤーを使うのも有りみたいです!


      2時間ほど放置して、乾いたらサンドペーパーで表面に着いたパテを取り除きます。


      パテをかなり薄く塗っていたので、粒度400番のサンドペーパーを使いましたが、全く問題なくできました。


      その後濡れ雑巾で軽く拭き、余分なパテや削りカスを綺麗にする。





      最後にマスキングテープを剥がせば完成〜


      これがビフォーアフター








      パテを薄く塗りすぎたのが原因だったのかコルクの細かい溝にはしっかりパテが入り表面が滑らかになりましたが、幅の広い大きい溝部分はボコボコのままだったので全体的に少し厚めにパテ塗る必要があったのかもしれませんね。。。








      ビフォーアフターを見てみても、大して綺麗になっていない。。。笑 むしろパテのところだけ色が違うので違和感ありまくり。。。


      実際にやってみて思った事は以下の通り!
      1.手間の割には大して綺麗にならない
      2.コストが掛かる
      3.パテを削る際やたら汚くなる
      4.綺麗になっても使用感は変わらない


      1は汚れ具合や自分の補修のやり方にもよると思いますが素人レベルでは限界があると感じました。気になる方はプロに任せましょう。


      2は今回の分で総額1500円ぐらい(送料込み)でした。コルクパテは不要な外出を避ける為ネットで用意しましたが、メーカー等に拘らなければホームセンターでも買えるようなので少し金額も抑えられます。


      3は自分は新聞紙を引いてベランダでやりましたが、風が強く削りカスが舞ってしまい大変でした。。。ちゃんとした作業場とかがある方は問題ないですね。


      4はシーバスメインで釣るには個人的に使用感に全く変化はないように感じます。ライトゲーム等の繊細な釣りには使用感も変わるのかもしれないですね。


      と、いうことで結論!!


      自分にはコルクグリップの補修は必要ない!という事がわかりました笑


      汚れが気になるだけであれば今まで通りメンテナンスすればある程度の汚れは落ちますし、コルクの溝や割れ目は’’味が出たコルクロッド’’だと思う事にします笑


      上記はあくまでも個人的な意見ですので、見た目よりもコルクの溝や割れ目がどうしても気になる方、大切な釣り道具を今後も現役で使用したい方、コロナの影響で家にいてもやる事がない方は是非試してみてはいかがでしょうか?


      自分もこの機会に自分に必要かどうか、いろいろ試してみようと思います!


      それでは〜
      | 日記 | 15:55 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:55 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする